お問い合わせ・このサイトについて

東京都

高橋秀一 鮮やか2
 高校生Iさんに当たり屋行為に及んで不当逮捕し、20日間勾留の原因を作った目黒区立第九中学校の高橋秀一副校長(55)が生徒や教職員に不適切なコミュニケーションをとっていたことが、元教え子らの告発で明らかになってきています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月8日に目黒区立第九中学校の近くの路上でチラシを配っていた日本自治委員会活動員Iさんにわざとぶつかり、不当逮捕した同校の高橋秀一副校長の「当たり屋」行為の瞬間を捉えた映像が公開されました。日本自治委員会は、教育ニュースサイト「The Interschool Journal」に映像を提供。釈放されたIさんが逮捕前に撮影した映像がバズっています。本記事ではThe Interschool Journalの記事を全文転載します。

【ISJ報道】先月8日、公道上でビラを配布していた都立高校生が、近くの目黒区立第九中学校の高橋秀一副校長(55)に「私人逮捕」されるという事件があった。現場は目黒区立第九中学校の校門から約50m程度離れた住宅街の公道上で、高校生はビラで同校の近隣にある都立小山台高校(東京・品川区)の水泳授業のあり方を問い、生徒自治組織の設立を呼び掛けていた。高校生は7月28日に処分保留で釈放されたものの、20日間にわたり勾留された。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

醜佚と目黒九中
 中国による国家安全維持法可決を受け、香港の自由が奪われつつある今、日本、それもあなたの身近で恐るべき表現弾圧が行われました。

 7月8日の朝、目黒区立第九中学校の近くで小山台高校の水泳授業のあり方を批判し、生徒の権利を訴えるビラを配っていた現役高校生Iさんが第九中学校の高橋秀一副校長に「公務執行妨害」の嫌疑で逮捕され、警察に連行されたのです。事件の概要は次の通りです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年から2年半継続した新宿山吹高校紛争。自治委員会側が学校当局の人権侵害行為について弁護士会の「人権救済申立」手続きを進めることを一時検討していたことが、21日、新たにわかりました。


 日本自治委員会外務局幹部によると、今年に入ってから日本自治委員会と新宿山吹高校自治委員会は、弁護士会に対して「人権救済申立」手続きを進めていたそうです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本自治委員会は、21日、都立学校前でのチラシ配布プロジェクト「とうきょうトリエンナーレ」を当面の間休止する方針を固めました。


 日本自治委員会は、昨年10月から今年2月末まで都立学校前で都の教育委員会やブラック校則などを批判するチラシを配布していました。昨年10月からのべ30校近くの都立学校で配布活動を行い、生徒の人権の啓発活動を行っていました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎自治長は、6日、同校校長として新たに就任した永浜裕之氏に祝意を伝え、短時間の会談を行いました。

 現地紙「YAMABUKI JOURNAL」の報道によりますと、会談は終始和やかな友好ムードで進んだということです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本自治委員会のチラシ配布部隊・校民防衛隊が昨年10月から都立高校・中等教育学校前で行っているチラシ配布活動「とうきょうトリエンナーレ」について、今後も継続し、決行していくことが判明しました。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新宿山吹高校自治委員会は、新宿山吹高校における教職員の質向上を目的として、教職員の授業の質や生徒対応等を生徒が評価する新事業「教育活動評価」を実施しました。実施期間は15日から22日までで既に校民からの投票を締め切っています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本自治委員会防衛局は、チラシ配布部隊・校民防衛隊が伊豆大島から今日20日昼過ぎに撤収したことを明らかにしました。今晩にも竹芝客船ターミナルに帰港する予定です。

校民日報社©2020
無断転載・複製を禁ず 
このエントリーをはてなブックマークに追加

photo_2020-02-17_15-40-52
画像・都立大島海洋国際高校(撮影=校民防衛隊)
 日本自治委員会のチラシ配布部隊・校民防衛隊は17日から都立大島高校と都立大島海洋国際高校の前で「これは刑務所ですか?いいえ、東京の学校です」「自治委員会って何だ」という2種類のビラをセットで配布しています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ