お問い合わせ・このサイトについて

自治委員会運動


IMG_0505

稲城市立稲城第五中学校正門前

校民防衛隊東京方面隊が、17日夕方、稲城市立稲城第五中学校前でチラシ配布活動「とうきょうトリエンナーレ」を実施していたところ、同校の中学生2人に恫喝や器物破損行為を受けたことがわかりました。

日本自治委員会防衛局によりますと、17日14時40分ごろ、男子生徒2人が校民防衛隊員に敵対的な態度を取り始め、「ぶち殺すぞてめえ」などと脅迫。このうち男子生徒1人が隊員の持っていた手提げ袋を蹴り、手提げ袋の取っ手を破壊しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

目黒九中事件をめぐり、まるで高校生側が悪いような発言をTwitterで行った、西﨑翔(にしざき・つばさ)目黒区議が2021年の次期都議選に出馬することがわかりました。

立憲民主党東京都連は、27日、西﨑氏を含む、都議選の二次公認を発表。西﨑氏を都議選に立憲民主党公認候補として出馬させる方針を示しました。西﨑氏は37歳で目黒区議を2期務めています。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、菅義偉首相は、7日に首都圏1都3県に緊急事態宣言を発出し、その後大阪府などに対象地域を拡大しました。東京都内では1日あたりの感染者数が1000人を超える日が連日続いていて、2000人を突破する日も珍しくない状態です。

前回の緊急事態宣言について、日本自治委員会の平松けんじ議長(当時)は、都立高校の休校を受け、急遽私立高校を対象に切り替える対応をとりましたが、今回の緊急事態宣言では「感染防止対策を徹底しながら学校運営を継続する」という政府方針の下、都立高校の一斉休校は行われていません。これを踏まえ、日本自治委員会防衛局は、都立高校前での「とうきょうトリエンナーレ」を引き続き継続しています。 
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自治委員会防衛局は、12日、校民防衛隊東京方面隊に自動演説装置を配備したことを発表しました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自治委員会は、5日、昨年4月をもって一時停止していた都立高前チラシ配布事業「とうきょうトリエンナーレ」を再開しました。同日朝、日本自治委員会が公式Twitterで発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党区議による表現弾圧が明らかになりました。立憲民主党の藤井まな世田谷区議は、先月25日、三軒茶屋駅前で演説中の日本自治委員会校民防衛隊員に対し、物凄い剣幕で詰め寄り、演説を事実上中断させました(=映像=)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

14日、日本自治委員会に加盟している3単位自治委員会と3つの合同自治委員会が発展的に解消し、新たに地域別の合同自治委員会に再編されました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自治委員会外務局は、9月17日に碑文谷警察署員が行った目黒区立第九中学校前でのチラシ配布妨害行為に関し、9月24日付で抗議文を発出していますが、東京都公安委員会は不誠実な対応に終始しています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自治委員会内で現行の中央自治委員会議と並立する形で一般の校民から直接選挙で選ばれる新たな議決機関を新設する憲章改正案が検討されていたことがわかりました。日本自治委員会政策戦略局幹部によりますと、新議決機関では日本自治委員会の各方面ごとに2~3名の議員を校民の直接選挙で選出する方向でシミュレーションが行われていましたが、大須賀太一議長の「天の声」で廃案になったということです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

連座制適用

生徒の人権を侵害した教師の前任校も人権特別啓発行動の対象となり得ることが分かりました。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ