先月21日、中目黒駅南改札西口で演説を行っていた公明党の斉藤やすひろ東京都議会議員が同駅正面口前で行われていた日本自治委員会の演説に関し、「あなたたちの気持ちはよくわかる」と事実上の賛意を示していたことがわかりました。

発言は、日本自治委員会の活動員が声をかけ、「校民日報」第2号を手渡した際のもの。

当日、日本自治委員会は中目黒駅正面口前で目黒区立第九中学校事件に関し、高橋秀一副校長、目黒区教育委員会、目黒区議会議員らの問題を訴える演説を行っていました。斉藤区議は中目黒駅南改札西口で演説を行っていました。

活動員は斉藤都議の発言に対し、「公明党はこども基本条例の取りまとめに奔走されたと聞いている」と述べ、一定の評価をしていることを伝えました。

目黒区立第九中学校事件をめぐっては、立憲民主党の都議候補・西崎つばさ氏が「前週にも他の学校でトラブルになっていた」などとツイッター上で言及したことで、市民や日本自治委員会から厳しい批判の声が上がっています。

校民日報社Ⓒ2021
無断複写・転載を禁ずる