Unknown-1
高橋秀一副校長(校民防衛隊撮影)
ビラを配っていただけの高校生を執拗に追い回し、わざとぶつかって私人逮捕したことで有名な高橋秀一氏が2021年度も目黒区立第九中学校副校長に留任していることがわかりました。

東京都教育委員会が、1日発表した教職員人事によりますと、片柳博文校長と高橋副校長の異動は発令されておらず、また後任者の記載もなかったことから、片柳・高橋両正副校長が2021年度も同職に留任していることが判明しました。

*「適法」強弁の区教委幹部は昇進
さらに目黒九中事件での高橋副校長の言動を「適法」と強弁した片山順也目黒区教育委員会統括指導主事(副校長級)は、1日付で練馬区立上石神井小学校長に昇進。片山氏は高校生をものすごい剣幕で追いかけまわした高橋副校長が高校生と話し合おうとしていたという主張を展開し、高橋副校長の対応を正当化しました。

*議長周辺「都教委が宣戦布告してきた」
議長周辺は、一連の人事について「(都教委からの)宣戦布告と受け止めている」と話し、強い怒りをあらわにしています。

高橋副校長をめぐっては日本自治委員会以外にも目黒区民有志が懲戒処分を求めていました。しかし今回都教委は高橋副校長を処分しないことで、高橋副校長の言動を問題視しないという姿勢を公然と示しました。