14日、日本自治委員会に加盟している3単位自治委員会と3つの合同自治委員会が発展的に解消し、新たに地域別の合同自治委員会に再編されました。
14日未明、新宿山吹高校自治委員会と中央高校自治委員会はそれぞれ告示を出し、両自治委員会がそれぞれ東京方面委員会と近畿方面委員会に改組することを発表しました。新宿山吹高校自治委員会は同じ東京都内の稔ヶ丘高校自治委員会と合併したうえでの方面委員会改組となります。

一連の改組は、日本自治委員会が提唱する「集団的自治体制」の構築の第一歩となり、これまで自治委員会が存在しないことで支援の対象からあぶれてきた生徒たちに支援の輪が広がることとなるでしょう。

校民日報社©2020
無断転載・複製を禁ずる