目黒区立第九中学校の片柳博文校長が9月3日付で同校の保護者向けにアンケート用紙を配付していたことがわかりました。

 アンケートは9月7日締め切りとなっていて、保護者会での説明で不十分だった点や学校の対応について、保護者の意見を求めています。

 しかし今現在もアンケートの集計結果は公表されていないことから、アンケートの結果は学校当局に不都合な回答が多かった可能性が高いと思われます。

3方面作戦は史上初

 一連の目黒区立第九中学校に関する人権特別啓発行動「目黒九中大トリエンナーレ」は、正門前チラシ配布活動、ポスティング、駅頭演説の3種類がほぼ毎日連続で行われています。

(関連記事:日本自治委員会 目黒九中「大トリエンナーレ」発動 過去最大級の人権特別啓発へ

 これまでに目黒区立第九中学校前でのチラシ配布活動は雨天時を除き毎日行われているほか、ポスティングや駅頭演説も高頻度で行われています。

 これまでも校民防衛隊は2019年10月から今年3月にかけて毎日ランダムに都立高校30校近くの正門前で人権特別啓発行動を実施していますが、3方面作戦は「史上初」だといい、「短期的には過去最大規模の動員をかけている」そうです。

©校民日報社
無断転載・複製を禁ず