品川区立芳水小学校の教諭が、今年1学期、上履きを投げ、児童の顔に当てたことがわかりました。

日本自治委員会の大川俊太郎広報課長が、11月2日の会見で明らかにしました。

被害を受けた児童は、日本自治委員会に対し、「(教諭に)暴力を振るわれた。1学期にね、■■先生って担任にね、上履き投げられて顔に当たった。思いっきり。」と話したということです。

大川課長は、「品川区立小教諭による教育テロが相次ぎ報告されており、我々としては極めて重大な問題であると受け止めている」と述べ、同校に対し事実確認を行う考えを示しました。

校民日報社©2022
無断複製・転載禁止


このエントリーをはてなブックマークに追加