滋賀県野洲市の市立小学校で2年生の担任を務める50代の男性教諭が、担任する児童にいじめを行ったことが、9月30日、わかりました。

野洲市教育委員会の発表によりますと、教諭は、担任している2年生の児童が授業中に「○○ってどういう意味?」と繰り返し尋ねてくることに苛立ちを感じ、「○○君は本当に言葉を知らんな」と週2、3回の頻度で発言。さらに7月上旬から数回にわたりほかの児童に被害児童を無視するよう呼びかけ、子ども同士のいじめに発展しました。

また、教諭は、医学的根拠がないのに、被害児童について、「ADHDなので、早急に発達検査を受けるべき」と発言しました。

教諭は、2学期から担任を外れ、現在病気休職中。市教委は、9月に滋賀県教委に事案を報告しました。

この小学校では2月にも臨時講師が児童をアニメキャラクターに例え、いじめにつながったとして、担任を交代させた事案があったばかり。さらにこの事案をめぐっては、市教委が県教委や市長に報告を行っていなかったことが、3日の市長会見で発覚しました。市教委幹部は「(加害教員が)臨時講師であり、3月末に任期が満了することから処分のことまで考えが及ばなかった」と釈明していますが、報道によると、この臨時講師は別の自治体で教壇に立っているということです。市教委の「隠ぺい」で教育テロリストがいまだに教壇に立っています。厳しい非難は免れません。

校民日報社©2022
無断複製・転載禁止
このエントリーをはてなブックマークに追加