20211130_南大沢5丁目商店街_東京校民防衛隊街宣_10_トリミング
南大沢・三徳プラザ前で活動する校民防衛隊員
校民防衛隊は、12月5日以降、渋谷区教育委員会教育長・五十嵐俊子さんが住んでいる八王子市南大沢5丁目で人権特別啓発行動「しぶやトリエンナーレ」の攻勢を強めています。

校民防衛隊は、12月6日以降、八王子市宮上小学校前で人権特別啓発行動を執行しています。下校する児童たちは演説や配布ビラに興味深々の様子で、隊員らに説明を求める場面が多くみられました。隊員は質問してきた児童に対し、「いじめ隠ぺいした校長が近くに住んでる。どう思う?」などと話し、五十嵐教育長の「いじめ隠蔽」を周知しました。

校民防衛隊は、11月末に五十嵐教育長の自宅を特定して以降、南大沢地区での攻勢を強めています。委員会高官は、「12月6日から本格進攻する」と明言していて、12月6日以降、同地区での校民防衛隊の活動の頻度は高くなる見通しです。

校民防衛隊は、これまで渋谷区内の小中学校を中心に「しぶやトリエンナーレ」を敢行していましたが、12月6日から当面の間は、南大沢地区で徹底的な人権特別啓発行動に取り組むということです。

校民日報社©2021
無断複製・転載を禁ずる
このエントリーをはてなブックマークに追加