スロープ登校
裏門からの登校を指示する掲示
品川区立戸越台中学校が、11月18日、生徒を裏門から登校させ、校民防衛隊が配布しているビラを受け取らせない謀略を行っていたことが、わかりました。

同日、同校は正門側に「今日はスロープ登校です」などと掲示し、生徒たちにスロープがある裏門に回るよう指示していました。7時25分頃に現地に到着した校民防衛隊は、急遽、裏門側に先回りし、生徒たちの知る権利を守り抜きました。

同校はこれまでも人権特別啓発行動に対して警察に通報するなど、生徒の「知る権利」や表現の自由を侵害していて、人権特別啓発行動の執行期間を延長されていました。

日本自治委員会は、同校の再びの妨害を受け、さらに執行期間を延長する方針です。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ずる
このエントリーをはてなブックマークに追加