IMG_8734
妨害を行う都立大崎高の前畑光男校長(16日、都立大崎高校前=校民防衛隊撮影)
校民防衛隊が9月29日以降、品川区内の公立小中学校前でやっている人権特別啓発行動「しながわトリエンナーレ」の際、区立中1校、都立高1校が妨害したことがわかりました。

日本自治委員会防衛局によりますと、人権特別啓発行動を妨害したのは、品川区立戸越台中学校と都立大崎高校の2校。戸越台中は、11月15日朝、警察に通報し、活動の妨害をしました。都立大崎高は、11月16日朝、「しながわトリエンナーレ寄り道編」を執行中の校民防衛隊員に対し、執拗に活動をやめるよう求めたほか、生徒に敵対意識をもたせる指導を行うことを宣言するなどの妨害行為をしました。

こうしたことなどを踏まえ、委員会は、すでに執行期間の延長が決まっている渋谷区立神南小学校に加え、戸越台中・大崎高の2校での人権特別啓発行動の執行期間を延長することを決めました。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ずる
このエントリーをはてなブックマークに追加