KD大須賀太一日本自治委員会議長
大須賀太一議長
選挙期間中に無免許運転で事故を起こし、都議会「無断欠席」を続けていた木下富美子都議(55)=板橋区選出=に、大須賀太一議長がラブコールを送りました。 

大須賀議長は、自身のTwitter上に「木下ふみこ、この任期中生徒の自由と人権を守るために活動するのであれば、全力で応援する」と投稿。都民ファーストからも除名され、行き場のない木下都議に条件付きでラブコールを送りました。

議長周辺によりますと、大須賀議長は、木下都議に都議会内で委員会の代弁者となり、選挙区内である北園高校の問題をはじめ、生徒の自由と人権を守る活動への協力を期待しているといいます。

一方で、木下都議は、11月9日の都議会公営企業委員会に出席して質問を行う予定でしたが、木下都議の参加に異議を唱えた理事らが退席したことで午後1時開会予定の委員会が午後11時過ぎに流会するなど、議事運営に影響が出ています。

木下都議は、これまでに2度辞職勧告決議が可決されていて、都議会議長から3度目の召喚状を受け取っていましたが、辞職せず議員活動を続ける意向を示しています。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ずる
このエントリーをはてなブックマークに追加