平松けんじ(顔写真)
平松けんじ氏(本人提供)
平松けんじ日本自治委員会副議長(26)は、18日、自身のホームページを更新し、今月31日に投開票される第49回衆議院議員総選挙に出馬しないことを表明しました。

平松氏は不出馬の理由を明らかにしていませんが、資金面での都合がつかなかったとみられます。

そのうえで、平松氏は、東京5区での野党統一候補の手塚仁雄前衆議院議員(立憲民主党)への不支持を表明。「野党共闘勢力外の立候補予定者のうち、私の政策の実現に汗をかいてくださる予定候補を支持したい」と述べました。

平松氏は今年7月の都議会議員選挙に目黒区(定数3)から無所属で出馬し、2662票で落選していました。

現在、東京5区では手塚氏のほか、自民党の若宮健嗣万博相、日本維新の会の田淵正文医師が立候補を予定しています。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ず
このエントリーをはてなブックマークに追加