北園高校
都立北園高校(校民防衛隊撮影)

日本自治委員会は、27日、都立北園高校が生徒の要望を聞かず、髪を染めることへの規制強化していることを受け、介入を決断しました。

同校ではこれまで生徒会や映像研究部を中心に規制強化への反対の動きを進めていました。高校生有志がドキュメンタリー動画をYoutubeで配信して注目されていました。しかし学校当局は、27日朝、3年生を対象に頭髪検査を強行する方針を固め、生徒の声を聞かない暴挙に踏み切りました。


これを受け、委員会は、26日、北園高校紛争への介入を決定しました。委員会の大須賀太一議長は、26日、自身のTwitter上で「北園高校には自治委員会が無いので自治をする能力が無い」とした上で、「自治委員会の無い学校で人権侵害問題が起きた時は、全学校の警察として介入して問題の解決にあたらなければならない」と指摘し、介入の正当性を主張しました。


委員会は、27日にも行動を開始する見通しです。


校民日報社©︎2021

無断複製・転載を禁ず