KD大須賀太一日本自治委員会議長
大須賀太一議長(本人提供)
日本自治委員会の大須賀太一議長は、「大抵の議員はメール送っても無視する、電話すると少しは出る人も居る、2回3回家に押し掛けてやっと返事をくれる」と投稿し、議員へのロビー活動の際に議員宅を訪問することが重要であると説きました。

大須賀議長の投稿は、自民党員の男性の「議員会館の事務所に勤務する秘書は皆さんが思ってるより、少ない」「議員に伝えたいことがある場合はメール、FAX、手紙が良い」との投稿を引用し、反論したもの。

実際、委員会が目黒区議会議員全員がメールを無視し、結局全区議の自宅を訪問して回答を回収した経緯があります。大須賀議長の発言はこの経緯を踏まえたものだと思われます。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ず