平松けんじ(顔写真)
平松けんじ副議長(本人提供)
日本自治委員会の平松けんじ副議長は、16日夜、自身のツイッターでいじめ事案に今後介入していく意向を示しました。

平松副議長は、別のツイッターユーザーの「警察に問い合わせてみたら『緊急性・事件性がなければ、学校と保護者で対応してください』と言われた」旨のツイートを引用し、「(教委や警察に)相談しても役所の間(はざま)で誰も問題解決に動いてくれないという状態では助かる命も助からなくなる」と指摘しました。そのうえで「学校・教委・警察が動かないなら日本自治委員会がやるしかない」と投稿しました。

平松副議長は、ツイートの意図について、「これまで日本自治委員会では校則や『指導』など主に教育テロ事案を中心に扱ってきたが、いじめ問題も内容によっては犯罪だし、れっきとした人権問題。どこも動いてくれないなら私たちが介入すべきものだ。」と説明しました。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ず