IMG_8536
大人数で校民防衛隊員を威嚇し、配布を妨害した教員ら(15日朝、校民防衛隊撮影)
八王子市立第六中学校が、15日、同校前でビラを配布していた校民防衛隊の活動を妨害しました。
 
日本自治委員会防衛局によりますと、15日朝、校民防衛隊が人権特別啓発行動「ビラリンピック2020学校連携観戦」を実施していたところ、同校の教職員がビラ配りをやめるよう強要しようとしたうえ、警察官の出動を要請したということです。

現場に派遣されている東京校民防衛隊が、特殊演説を発動して抗議しましたが、その後同校の前には学校の通報を受けた八王子警察署員2名が相次いで出動しました。

委員会は、6日から「パラリンピック学校連携観戦」に校民を参加させた都立学校、渋谷、新宿、杉並、八王子の4区市の公立学校前で人権特別啓発行動「ビラリンピック2020学校連携観戦プログラム」を行っています。防衛局によりますと、同プログラムで学校側からの妨害や警察官の臨場が発生したのは初めてだということです。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ず