IMG_8119
東洋英和女学院大学(23日朝・校民防衛隊撮影)

校民防衛隊は、8月21日から9月3日にかけてエーエフマネジメント社(計屋圭宏代表取締役)が業務受託している教育施設の前で校民日報号外の配布活動を行いました。


7月29日、同社の山崎幸一、原田洋一両警備員が、トキワ松学園前でビラを配布していた校民防衛隊の活動を妨害する表現弾圧行為に加担しました。

委員会は「公道上のビラ配りを学校当局とともに妨害するような真似をすることは許されない。エーエフ社が警備あるいは業務委託を受けている学校では、生徒・学生の表現の自由が妨げられている恐れがあり、特に生徒・学生の人権の特別の啓発の必要性が認められる」として、エーエフ社が警備や清掃を受託している6つの大学・短期大学と1つの中学・高校の前で「トリエンナーレ」を敢行しました。

委員会は、7月30日以降、「トキワ松トリエンナーレ」を発動し、同校前をはじめ、関係先でのビラ配布活動を行っています。

◆配布活動を実施した学校(防衛局発表)◆
8月
 21日 横浜美術大学
 22日 湘北短期大学
 23日 東洋英和女学院大学
 24日 大東文化大学
 25日 東京造形大学
 26日 多摩美術大学
 27日 中央大学附属横浜中学校・高等学校
校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ず