tachibanatakashi
㊨NHK党の立花孝志党首(ISJ=石川遥樹撮影)
NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(旧N国党)の立花孝志党首は、20日、次期衆院選に鈴木隆道元都議(70)に同党から立候補してほしいとの見解を示しました。

立花氏は、14日の同党総会で次期衆院選の戦略について、「目黒のあの人とか出てほしい」などと発言していましたが、「あの人」が誰なのかは明らかにしませんでした。その後、立花氏は、20日、「目黒のあの人」が鈴木隆道元都議(70)であることを明かしました。

鈴木氏は、2017年、2021年の都議選に自民党公認で出馬し、いずれも落選していますが、約13000票を獲得しています。

立花氏は、21日、「嵐の党」を「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)に改称するとともに、次期衆院選公認予定候補を公表しましたが、その中に鈴木氏の名前はありませんでした。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ずる