激戦を極めた東京都議会議員選挙(2021年7月4日投開票)・目黒区選挙区で、自民党東京都連公認の栗山よしじ候補のポスターが何者かに剥がされていたことが、3日、わかりました。

剥がされたポスターは2か所で、いずれも目黒区北部の公営掲示板。栗山陣営は、「ポスターは確実に貼った場所だから間違いなく剥がされた」とのことです。栗山陣営の担当者は「犯人はわかっている」と述べています。

目黒区選挙区をめぐっては自民2人、都民ファ1人、共産1人、立憲1人、無所属1人の合計7人で3議席を争う形で行われ、5日未明、立憲民主党の西崎つばさ氏が6票差で共産党の星見てい子氏に競り勝ち、都民ファ・伊藤氏、公明・斉藤氏、立憲・西崎氏の3人の当選が決まりました。自民党は鈴木隆道候補と栗山よしじ候補が共倒れに終わりました。

校民日報社©2021
無断複写・転載を禁ず