2020年04月

 2017年から2年半継続した新宿山吹高校紛争。自治委員会側が学校当局の人権侵害行為について弁護士会の「人権救済申立」手続きを進めることを一時検討していたことが、21日、新たにわかりました。


 日本自治委員会外務局幹部によると、今年に入ってから日本自治委員会と新宿山吹高校自治委員会は、弁護士会に対して「人権救済申立」手続きを進めていたそうです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本自治委員会は、21日、都立学校前でのチラシ配布プロジェクト「とうきょうトリエンナーレ」を当面の間休止する方針を固めました。


 日本自治委員会は、昨年10月から今年2月末まで都立学校前で都の教育委員会やブラック校則などを批判するチラシを配布していました。昨年10月からのべ30校近くの都立学校で配布活動を行い、生徒の人権の啓発活動を行っていました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎自治長は、6日、同校校長として新たに就任した永浜裕之氏に祝意を伝え、短時間の会談を行いました。

 現地紙「YAMABUKI JOURNAL」の報道によりますと、会談は終始和やかな友好ムードで進んだということです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ